株杉(21世紀の森)   岐阜県関市   2016.6.18

板取のモネの池<こちら>を訪ねました。
そして、せっかくこの時期に板取を訪ねるならと、紫陽花の公園まで足を伸ばすことにしました。
下調べをしてみると、21世紀の森に「株杉」があるようです。
ほんのオマケのつもりで訪ねたのですが、異形の杉株に圧倒されてしまいました。

上の1枚は、帰路で写したものですが、人と株の大きさの違いを最初に紹介させていただきたいと思い、トップにしました。
左端に小さく人が写っています。
では、順を追ってご紹介していきます。



当初のお目当てだった紫陽花も、見頃でした。

ここから杉林に入ります。

最初に現われた朽ちた杉株・・・と思ったのですが、何本も幹が立ち上がる生きた株でした。

こんな沢も流れています。


こちらの株も、まだ生きています。

屋久島を思い起こさせる豊かなコケの世界が広がり、可愛らしいツルアリドオシが小さな花をたくさん咲かせていました。


暴れ馬?






何だか凄い物を見てしまった!という感じです。
この山は個人の所有で、あまり知られたくないとの意向もあり、広告していないようですが、
「日本の異景100選」なんて企画があれば、是非、推薦したいと思います。


四季折々へ