木曽長良背割堤の桜   岐阜県羽島市   2016.4.2

木曽川と長良川を分流する背割堤に、約250本の桜並木があります。
一週間前に訪れた時は、咲き始めたばかりだった花が、ちょうど見頃を迎えていました。
黄色の芥子菜の絨毯も満開です。
花を見上げながら、北の端から歩き始めました。







行けども行けども続く、花、花、花・・・












ようやく、東海大橋が見える場所までやって来ました。
桜並木を振り返ってみます。
左は長良川の水面、右の堤防の向こうには木曽川の流れがあります。
まだまだ花は続いていますが、ここから堤防に登り引き返すことにしました。



帰り道は、見事な枝振りの花が、自分と同じ高さにあります。






花曇りで、すっきりとした青空で無かったのがすこし残念でしたが、
満開の花を満喫し、とても幸せな時間を過ごすことができました。


四季折々へ