北岳登山    山梨県南アルプス市   2015.7.10〜12

前日まで降り続いていた雨が上がり、絶好の登山日和となりました。
奥に見えるのが、日本で2番目に高い山、北岳です。
花の山として名高く、一度は登ってみたいと思っていました。
年々体力は落ちていきます。
「大丈夫ですよ。」との花友さんの言葉を頼りに、
山小屋2泊のゆったり日程で、憧れの山にやって来ました。



歩き始めは、原生林が続きます。
バイカウツギが揺れています。


前日までの雨で、沢の流れが早く、登山道にも流れがありました。

開けた場所ではグンナイフウロがたくさん咲いていました。

カツラを見上げながら進みます。


ミヤマハナシノブの花群れを見つけました。
暫し、撮影タイムです。



初めは、痛んだ花が多かったミヤマバイケイソウ。
登るに連れ、美しい花が現われてくれました。


白根御池に到着です。
畔の山小屋に泊まります。



ワニの口に見えませんか?

山小屋の周辺で花を探してみました。
カラマツソウ


ウラジロナナカマドとモンシロチョウ

ツマトリソウ

ゴゼンタチバナ


2日め出発!
この山頂を目指します。



イワヒバリ

シナノキンバイのお花畑です。
やった〜って、感じです。
登って来た甲斐がありました。
見事!の言葉しかありません。





富士山が見えて来ました。

山頂に近づくにつれ、様々な花が咲き乱れるお花畑が出現しました。
北海道の大雪山系や礼文島で出会って以来の、雄大な花園です。


チョウノスケソウ


オヤマノエンドウ


ミヤマキンバイ

イワヒバリが遊んでいました。


ライチョウを発見。
雛も出てきました。



北岳山頂からの眺望です。





山荘を目指す途中、15時を過ぎると東の空は薄っすらと夕焼け色を纏い始めました。

美しい夕焼け空を期待したのですが、日が沈む頃にはガスが立ち込めてしまいました。


3日め、外を覗いてみると、白み始めた東の空には、雲海に浮かぶ富士山の姿がありました。
大急ぎでカメラを取りに戻ります。


朝焼け雲が、飛揚する鳳凰のようです。

陽が昇り、空が青色に変化を始めました。


朝焼けの北岳山荘。

帰路、尾根の反対側とは異なった植生のトラバース道を下ります。

ミヤマムラサキ。
この後は、がれ場や急な梯子が続き、カメラをリュックに収めて下りました。


その後は、雪渓です。

最終のバスに間に合うよう一所懸命に下るのですが、後から来る元気な人々にどんどん追い越されてしまいました。
何とか下りきったときは、自分の体力の無さに、もう無理な登山は止めようと思ったのですが、
数日経った今、体を鍛えて、また違う山へも出かけてみたいと思っている私です。

四季折々へ