伊吹山登山    滋賀県米原市   2015.5.30

伊吹山は、私の大切なフィールドです。
でも、麓から山頂まで登ったのは、過去1度だけ。<こちら>です。
夏山登山の足慣らしと、7月から伊吹山の麓で開催予定の写真展の取材を兼ねて、麓から山頂を目指すことにしました。

登り始めは、木立の中を進みます。


伊吹山に、織田信長の薬草園が在った名残と言われるキバナノレンリソウ。
ヨーロッパの雑草ですが、日本ではここでしか見られません。
薬草の種と一緒に渡来したのでは、と言われています。


二合目を望む。

カンボク。

3合目のアヤメ。
近年、猪や鹿などの獣害で花が少なくなっていましたが、ネットが張られ保護されています。
登山道を外れ、扉を開けて散策路を廻りました。


キバナハタザオ、咲き始めです。
三合目を過ぎた辺りから8合目まで、たくさんの株がありました。
1週間後、登山道の主役はこの花になりそうです。


優しい花姿のイブキスミレ。

三合目を望む。

この日、青空に浮かぶ雲の変化がおもしろくて、何枚もシャッターを切ってしまいました。




ハルザキヤマガラシ。


この日の主役、イブキシモツケ。
八合目の岩肌の群生が見事でした。



山頂が見えて来ました。


山頂。

帰路の1枚。
青空は消え、一面の雲です。
この後、カメラをリュックに入れ、帰りを急ぎました。

標高1377m の伊吹山、登山道の入り口は220m で、標高差は1157m 。
登山マップの標準コースタイムは登り3時間20分、下り2時間20分となっています。
登り始めが9時、下山を終えたのが17時で、9時間掛っています。
写真を撮りながらのゆっくり登山で、私にはこれがやっとです。
毎年、この山を駆け上るマラソンが開催されています。
この日も、何人か走っている方を見かけました。
すごいなぁ〜!と。


四季折々へ