国営木曽三川公園 138タワーパーク   愛知県一宮市   2015.4.29

濃尾平野には、木曽川、長良川、揖斐川の一級河川があり、国営木曽三川公園として幾つかの公園が整備されています。
ここ138タワーパークもそのひとつ。
そのシンボルが、一宮市にちなんだ高さ138mのツインタワーです。



広い園内には季節毎の花壇が整備され、この日はネモフィラが見頃を迎えていました。

真っ赤なポピーも咲き始めています。
バラの花壇も、たくさんの蕾が膨らんでいました。



木立の中を廻る回廊があります。

回廊で、可愛い緑の実を見つけました。
何でしょう・・・



この木です。
後で表示を確認したら、エドヒガンザクラでした。
そうか、こんな実がなるんだ!
赤く色付くのかな・・・


汗ばむような陽気になりました。
水辺が楽しそう。


ネモフィラとパンジーの花壇の向こうで、子ども達が大きなボールを追って走っています。


この日は、普段は解放さていない非常階段を昇るイベントがあり、この階段を昇りました。

階段途中からの眺めです。



展望階の床が迫ってきました。

あと少し。

展望階からの眺望。

138タワーパークは、今年開園20周年です。
木曽川、東海北陸自動車道、金華山が見えます。


毎年、冬のイルミネーション会場となるセントルイス広場。
2014年のイルミネーションは<こちら>です。
そして、木々の緑の右端が、この春ご紹介した<この桜並木>です。

ちょっと一息。
もっと天気が良ければ、この向こうに北アルプスが見えるはず。
夕暮れ刻や夜景も素敵でしょうね。
また来たくなりました。


四季折々へ