湖東三山(百済寺・金剛輪寺・西明寺)   滋賀県   2014.11.16

琵琶湖東岸の西明寺、金剛輪寺、百済寺は、紅葉の名所として名高く、湖東三山と呼ばれ親しまれています。
紅葉前線が平地まで降りてきました。
穏やかな日射しの降り注ぐこんな日に、出かけない手はありません。
名神高速の湖東三山PAにスマートインターが出来、とても便利になりました。

先ずは、百済寺へ。
我が家の今月のカレンダーが、まさにこの場面なのです。
真っ赤な紅葉の参道をこの目で見てみたいと思ったのが、ここを訪れたきっかけでした。
真っ赤な紅葉には出会えませんでしたが、季節の移ろいを感じさせてくれるこんな光景もいいものです。



庭園の頂からは、湖東平野を遠望できます。


余韻の素晴らしい梵鐘。

仁王門。

本道へと続く石段。


喜見院の庭園。





最後にもう一度、石垣参道を振り返りました。


次に訪れたのは、金剛輪寺。


ヤマモミジ、イロハカエデなどの紅葉が日射しを受けて輝いています。


金剛輪寺のモミジは「血染めの紅葉」と呼ばれるほど、全山を真っ赤に染めます。




千体地蔵。
お地蔵様一体ごとに通し番号が彫られていました。




国宝の本堂。

モミジに埋もれた三重の塔の全景が入るアングルを何とか見つけました。



三重の塔と本堂が国宝に指定されている西明寺。
先の二寺で、日射しを待ちながらゆっくり写真を写していたので、着いたのは15時を廻ってしまい、
既に、太陽の光に翳りが出てきました。
秋の陽は釣瓶落としです。








不断桜の咲く蓬莱庭。


色鮮やかな紅葉たちに出会えたとても豊かな1日でした。

四季折々へ