尾張津島・天王祭(宵祭)   愛知県津島市   2014.7.26

天王祭は、津島神社の祭礼として500年以上の続き、国の重要無形文化財に指定されています。
その起源については諸説があり、明らかではありません。
近くに住んでいながら、訪れたのは一昨年初めてでした。
今年は、場所を変えて祭りの魅力を楽しみたいと思い、また出かけてみました。

二隻の舟をつなぎその中心に真柱が立てられます。
日没後、柱に一年の月数12個の提灯をつけ、半円形に一年の日数365個の提灯が飾られていきます。




夕闇が深まってきました。

御旅所からまきわら船の迎えが出て、船の到着を待つ間、花火が打ち上げられました。
水面に映る光が美しく揺れています。





まきわら船が登場しました。



船は5艘あるのですが、1枚の写真に収るように並んでくれません。




提灯の明かりが消え始めました。
船はゆっくりと帰って行きます。


2012年の天王祭
> 宵祭 へ
> 朝祭 へ

四季折々へ