礼文島   北海道    2011.6.20・21

19日午後、稚内からフェリーで礼文島へ渡りました。
花の浮島と呼ばれる礼文島、かねてより是非訪れたいと思っていた、今回の旅の目的地です。
礼文島で出会った花々は、こちらでご紹介しています。

20日、バスでスコトン岬まで行き、4時間コースをゆっくりと歩きました。




ゴロタ岬。

海岸線には、オオカサモチ、オオハナウド、エゾノシシウドなどセリ科の植物が多く見られました。
帰ってから名前を調べたのですが、結局分からなかったものも幾つかあります。


澄海(すかい)岬。

海岸線を離れ、レブンアツモリソウの群生地へ。
その後、通りまで出て、バスで香深港へ。
礼文島のバスは、路線内なら何処でも乗り降り自由です。



21日は、民宿の方に送迎していただき、礼文林道、桃岩展望台コース歩きました。
出発前、民宿の裏庭です。


林道では、数え切れないくらいたくさんのハクサンチドリに出会いました。
途中、利尻山が花と海の向こうに見えるのを期待したのですが、時折小雨が降るあいにくの天気で叶いませんでした。



海岸線からすぐの景色です。
緯度が高いため、海抜0mから高山植物が咲き乱れる礼文島。
時期を変え、また訪れたいと思います。


稚内へ  利尻島へ

四季の写真館へ