白草山   岐阜県下呂市    2011.1.3

山友達2人と、岐阜県と長野県の県境にある白草山を訪ねました。
文化の日は晴れの確率が高いのですが、この日は時折陽が射す曇り空。
8時50分、黒谷林道から、紅葉黄葉の木々を仰ぎ見ながらゆっくりと進みます。
我々を最初に出迎えてくれたのは、紅のマルバノキでした。
薄日の中、モミジの朱、シロモジの黄など柔らかな色彩が降り注いできます。






登山道からの眺望は、幾重にも重なる山々が墨絵のようです。
こんな山並みを、いつか描いてみたいと思います。



林を抜けると、目の前に御嶽山が姿を見せました。
笹原を抜け山頂へと向かいます。


山頂からは360度の眺望が開け、その開放感は格別です。
11月とは思えない心地良いそよ風の中、1時間程休憩し帰路に着きました。


殆どの落葉樹は、既に葉を落としています
黄金色に輝いているのはカラマツでしょう。
赤い葉っぱは何でしょう・・・



望遠で、登山道対岸の山肌を切り取ってみました。

落ち葉を手に取ったり、木の実、草の実などを写しながら、秋の山との別れを惜しむように、ゆっくりと下山しました。



また訪れたい山が、ひとつ増えてしまいました。
15時45分、林道入り口へ帰着。


四季の写真館へ