稚内   北海道    2011.6.18・19・23

稚内、礼文島、利尻島を訪ねました。
稚内の海岸線に広がる原生花園の彼方に聳える利尻山・・・
そんな光景に会いたいと思い、すぐに礼文島に渡らず、稚内で2日の日程を取りました。
元々、梅雨が無いと言われた北海道ですが、最近は蝦夷梅雨という言葉ができ、この時期は雨や曇になることが多くなったようです。
飛行機の窓から見えたのは、ほとんど雲の海ばかりでした。



稚内空港到着前に、雲の上に頭だけ見えた利尻山。
稚内からも礼文島からも、結局、利尻山を望むことはできませんでした。


日本最北端の地、宗谷岬。

宗谷丘陵には、たくさんの風車が並んでいました。
羽根の上部は霧の中です。


ホテル近くの居酒屋で夕食。

稚内港北防波堤ドーム。

翌朝。

ノシャップ岬。
観光パンフレットに、夕日をひとり占め、とあります。
沖の夕焼けに染まる利尻山を期待したのですが、諦めて翌日訪れました。


西海岸を南へ。
利尻山が伴走してくれるはずだったのですが、この日も曇りでした。
小学校でしょうか、校庭をデージーが埋め尽くしています。





22日に、利尻空港から中部国際空港へ帰る予定だったのですが、濃霧のため欠航となってしまいました。
急遽、船便で稚内まで戻り、翌23日に稚内空港から千歳経由で帰ってきました。
出発まで少し時間があったので、空港近くのメグマ沼まで歩いて来ました。




いつもは、ボーディングブリッジから乗り込むので、こんな風に乗れるのが嬉しくて1枚。

礼文島へ  利尻島へ

四季の写真館へ