八方尾根   長野県北安曇郡白馬村    2011.10.7

この秋は、白馬の紅葉を訪ねたいと夏頃から思っていたのですが、見頃とお天気を睨んで、5日前に旅行日程を決めました。
早朝に家を出て八方に到着したのは10時半頃。
ゴンドラ乗り場で上は雨ですと言われたのですが、昇ってみると幸に降り止んでいました。
上は、黒菱平へ着いた時の空です。
白馬三山の山頂は雲に隠れ、残念ながらずっと晴れることはありませんでした。
それでも、草紅葉が美しく、やはり来て良かったと思いました。



紅葉風景を撮影しようと訪れたのですが、ドジなことにデジイチの記録メディアを忘れてしまい、
同行の息子たちが持っていたコンデジを、時折借りながら写しました。
そんな訳で、今回の画像は、息子達の写したものが多くあります。
2枚目は、登山道を行く私。
以下、撮影順にご紹介していきます。






八方池を見下ろす尾根は、体を飛ばされそうな強風が吹き荒れていました。
湖面も波立ち、水鏡とはなりませんでした。






四季の写真館へ