岐阜県羽島市  2010.6.2
この春の転勤以降、自動車通勤経路の半分を木曽川堤防が占めています。
4月、河川敷の木々は芽吹いたばかりの若緑が次第に濃くなっていきました。
今は、濃い緑の茂みとなっています。
そんな季節の変化を感じながらの通勤は、楽しいものです。
日差しが長くなり、帰路に夕焼けを望めるようになりました。
先週から、車にカメラを積んでおいたのですが、残念ながらずっと雨や曇りの日が続いてしまいました。
この日は快晴、養老山地と伊吹山の間に陽が沈ずんでいく時刻に、堤防に車を停めました。


燃えるような夕焼けではありません。
ほんのり優しい夕焼けです。


大好きな伊吹山は、もうすぐ闇に沈んでいきます。

四季の写真館へ    木曽川河畔の四季へ