滋賀県坂田郡伊吹町   伊吹山   2005.7.30
伊吹山地は滋賀県と岐阜県の県境に南北に連なっている高さ1,000〜1,300m余りの山なみで、
伊吹山はその南端に位置し、標高1,377.4mの滋賀県の最高峰です。
伊吹山は、古生代の末期から中生代の初めにかけての大造山運動により、日本の大部分が海上に姿を現した際に誕生しました。
その後、伊吹山には衝上断層(押しかぶせ断層)が起こり、山頂付近は石灰岩層でおおわれています。

この日、シモツケのピンクの絨毯が山の斜面を美しく覆っていました。

四季の写真館へ