伊吹山2014年   写真画像をクリックすると大きなサイズの画像と花の説明が覧いただけます。
今年もまた、伊吹野のセツブンソウから花散策を始めました。
2005年から伊吹山の花をご紹介させていただいて、10年目めになります。
この間、伊吹山山頂の植生もアカソ、テンニンソウ、クマザサなどに押され、徐々に変化しています。
数が増え続けている鹿や猪の影響も見逃せません。
いつまでも、美しい花の山を残しておきたいですね。

伊吹山地は、滋賀県と岐阜県の県境に南北に連なっている高さ1,000〜1,300m余りの山並で、伊吹山は、その南端に位置し、標高1,377.4mの滋賀県の最高峰です。
古生代の末期から中生代の初めにかけての大造山運動により、日本の大部分が海上に姿を現した際に誕生しました。
その後、伊吹山には衝上断層(押しかぶせ断層)が起こり、山頂付近は石灰岩層でおおわれています。

伊吹山
2016年へ
2015年へ
2013年へ
2012年へ
2011年へ
2010年へ
2009年へ
2008年へ
2007年へ
2006年へ
2005年へ
2月 2.16 山麓
 
セツブンソウ
3月 3.15 山麓
 
セツブンソウ

アズマイチゲ
4月

4.6・13 山麓

 
タチツボスミレ

コスミレ

スミレサイシン

シュンラン
 
カタクリ
5月 5.10 山頂付近
 
カタクリ

ニリンソウ

ヤマシャクヤク

フデリンドウ
 
ヤマルリソウ
  5.11 2〜3合目
 
アケビ

ホタルカズラ

イブキスミレ

シラユキスミレ
 
クサボケ
7月 7.12 山頂

キンバイソウ

ヤマアジサイ

ヒロハシモツケ

ミヤマイボタ
 
イブキジャコウソウ

エゾフウロ

イブキフウロ

キバナノカワラマツバ
  7.21 山頂

キンバイソウ

ヤマアジサイ

ヤマホタルブクロ

イブキジャコウソウ
 
キバナノカワラマツバ

キオン
8月 8.3 山頂

クガイソウ

ルリトラノオ

シモツケソウ

イブキジャコウソウ

イブキフウロ

キオン

コオニユリ
  8.31 山頂

ツリガネニンジン

伊吹山の花
2016年へ
2015年へ
2013年へ
2012年へ
2011年へ
2010年へ
2009年へ
2008年へ
2007年へ
2006年へ
2005年へ

花の写真館へ