伊吹山2012年   写真画像をクリックすると大きなサイズの画像と花の説明が覧いただけます。
今年もまた、伊吹野のセツブンソウから花散策を始めました。
伊吹山は、いつ訪れても、何かしら新しい発見のあるとても魅力的なフィールドです。
近くにこんな山がある幸運に、感謝したいと思います。

伊吹山地は、滋賀県と岐阜県の県境に南北に連なっている高さ1,000〜1,300m余りの山並で、伊吹山は、その南端に位置し、標高1,377.4mの滋賀県の最高峰です。
古生代の末期から中生代の初めにかけての大造山運動により、日本の大部分が海上に姿を現した際に誕生しました。
その後、伊吹山には衝上断層(押しかぶせ断層)が起こり、山頂付近は石灰岩層でおおわれています。
四季折々の美しい花が咲き乱れる花の山です。

伊吹山
2016年へ
2015年へ
2014年へ
2013年へ
2011年へ
2010年へ
2009年へ
2008年へ
2007年へ
2006年へ
2005年へ
3月 3.18 山麓
 
セツブンソウ

アズマイチゲ
  3.20 山麓
 
セツブンソウ

アズマイチゲ

アオイスミレ

セリバオウレン
 
スハマソウ
4月 4.8 山麓
 
キバナノアマナ

スハマソウ

ヤマネコノメソウ
5月 5.5 山麓
 
ニリンソウ

オドリコソウ
  5.12 三合目〜山麓
 
ニョイスミレ

シロガネスミレ

ニオイタチツボスミレ

イカリソウ
 
ヤマネコノメソウ

ニリンソウ

タチツボスミレ

アケビ
 
ホウチャクソウ

ギンラン

ラショウモンカズラ

ミヤマハコベ
 
オドリコソウ
  5.13 山頂付近
 
アカヒダボタン

ヤマネコノメソウ

アマナ

ニリンソウ
 
タチツボスミレ

コガネネコノメソウ

コキンバイ

ツルキジムシロ
  5.20 山頂付近
 
アカヒダボタン

タチツボスミレ

ニリンソウ

ツルキジムシロ
7月 7.15 山頂付近
 
キンバイソウ

ミヤマコアザミ

カノコソウ

ヤマホタルブクロ
 
カラマツソウ

アカショウマ

ヒロハシモツケ

シシウド
7.29 山頂
 
コオニユリ

メタカラコウ

クガイソウ

シモツケソウ
 
カワラマツバ

キバナノカワラマツバ

キオン

イブキジャコウソウ
 
キンバイソウ

オオバギボウシ

カワラナデシコ

イブキトラノオ
 
キヌタソウ

オオウバユリ

キリンソウ

シシウド
8月 8.5 山頂
 
シモツケソウ

ルリトラノオ

クガイソウ

シシウド
 
コオニユリ

シュロソウ

クサフジ

メタカラコウ
8.11 山頂

シモツケソウ

ルリトラノオ

クガイソウ

シシウド

メタカラコウ

キオン

イワアカバナ

マルバダケブキ

コイブキアザミ

カワラナデシコ

ヨツバヒヨドリ

イブキトリカブト

オオヒナノウスツボ

コオニユリ

シュロソウ

ツリガネニンジン
9月 9.2 山頂付近

サラシナショウマ

イブキトリカブト

シオガマギク

コイブキアザミ

アキノキリンソウ

ルリトラノオ

オオハナウド

ツリガネニンジン

イブキレイジンソウ

イブキコゴメグサ

ウメバチソウ

ヒナノキンチャク

エノコログサ
10月 10.2 山頂

ジンジソウ

ダイモンジソウ

リュウノウギク

リンドウ

伊吹山の花
2016年へ
2015年へ
2013年へ
2011年へ
2010年へ
2009年へ
2008年へ
2007年へ
2006年へ
2005年へ

花の写真館へ