伊吹山の花2006年   写真画像をクリックすると大きなサイズの画像と花の説明が覧いただけます。
伊吹山地は、滋賀県と岐阜県の県境に南北に連なっている高さ1,000〜1,300m余りの山なみで、伊吹山は、その南端に位置し、標高1,377.4mの滋賀県の最高峰です。
古生代の末期から中生代の初めにかけての大造山運動により、日本の大部分が海上に姿を現した際に誕生しました。
その後、伊吹山には衝上断層(押しかぶせ断層)が起こり、山頂付近は石灰岩層でおおわれています。
四季折々の美しい花が咲き乱れる花の山です。
伊吹山
2016年へ
2015年へ
2014年へ
2013年へ
2012年へ
2011年へ
2010年へ
2009年へ
2008年へ
2007年へ
2005年へ
3月 2006.3.25 山麓    
 
セツブンソウ

セツブンソウ

スハマソウ

スハマソウ
5月 2006.5.6 山麓〜三合目      
 
トウゴクサバノオ

ミヤマハコベ

クサノオウ

ラショウモンカズラ
 
イチリンソウ

オドリコソウ

ヤブジラミ

スミレサイシン
 
ヤマネコノメソウ

ヒメウズ

ハクサンハタザオ

ミミナグサ
 
タニギキョウ

アケビ(雄花)

アケビ(雌花)

ヤマザクラ
 
クサボケ

タチツボスミレ

カテンソウ

ムラサキケマン
 
ニリンソウ

アマナ
 
6月 2006.6.4 山頂   
 
グンナイフウロ

ニリンソウ

ホソバノアマナ

イブキハタザオ
 
オオタチツボスミレ

ニョイスミレ

タチイヌノフグリ

ヤマブキソウ
 
ヤマガラシ


ヒメレンンゲ


セイヨウタンポポ

ツルキジムシロ
 
コバノミミナグサ

マムシグサ

ユキザサ

オオイタヤメイゲツ
7月 2006.7.1 三合目  
 
ササユリ

クルマバナ

ノアザミ

ユウスゲ
 
ウリノキ

イブキノエンドウ

ミヤコグサ

キバナノレンリソウ
 
イブキトラノオ

クララ

ハクサンフウロ

キバナノカワラマツバ
 
ムラサキツメクサ

カラマツソウ

ヤマホタルブクロ

ウツボグサ
 
キリンソウ

タカトウダイ 
  2006.7.22 三合目〜山頂
 
イブキジャコウソウ

イブキジャコウソウ

ヒロハシモツケ

ヒヨクソウ
 
キンバイソウ

キンバイソウ

メタカラコウ

メタカラコウ
 
クサフジ

タカトウダイ

シシウド

シシウド
 
イブキトラノオ

イブキトラノオ/ミヤマコアザミ

ミヤマコアザミ
9月 2006.9.2 山頂付近  
 
サラシナショウマ

サラシナショウマ

サラシナショウマ

サラシナショウマ
 
イブキトリカブト

イブキトリカブト

タムラソウ

タムラソウ
 
マネキグサ

キンミズヒキ

シオガマギク

バライチゴ
 
イブキレイジンソウ

オオハナウド

オオハナウド

オトコエシ
  2006.9.23 三合目
 
ツルニンジン

キセワタ

キセワタ

アキカラマツ
 
ハッカ

ヤマハッカ

ミズヒキ

ナギナタコウジュ
 
ツルボ

ツリガネニンジン

キンエノコロ

ハイメドハギ
 
アキノノゲシ

ノコンギク

シロヨメナ

シラヤマギク
 
オオイヌタデ

オオイヌタデ

イヌタデ

ハナタデ
 
ナンテンハギ

オハラメアザミ

タムラソウ

タツナミソウ
 
コオニユリ

イブキコゴメグサ

メナモミ

ホオズキ
 
ヤクシソウ

ミズタマソウ

イヌショウマ

ヒヨドリバナ
 
ヨウシュヤマゴボウ

ヤブタバコ

アリノトウグサ

ススキ
10月 2006.10.15 山麓〜三合目  
 
センブリ

リンドウ

イブキトリカブト

ヤマラッキョウ
 
シロヨメナ

リュウノウギク

リュウノウギク/ツリガネニンジン

ツリガネニンジン
 
ノブキ

メナモミ

コメナモミ

ヒキオコシ
 
キンエノコロ

ヤクシソウ

アキノキリンソウ

アキノノゲシ
 
ニセイブキゼリ

マユミ

ルドベキア

シャクチリソバ
  今年は何度か伊吹山へ足を運びました。
訪れる度に新たな発見があり、すっかりその虜になってしまった1年でした。
実は8月のシモツケソウの盛りにも出かけており、何枚も写真を撮って来たのですが、PCのトラブルで紛失してしまいました。
東北への旅行の画像も大半が消えてしまい、暫くはとても悲しかったのですが、また来年おいで、と山が呼んでいるのだと思うことにしました。
という訳で、来年もまた出かけることになりそうです。

伊吹山の花
2016年へ
2015年へ
2014年へ
2013年へ
2012年へ
2011年へ
2010年へ
2009年へ
2008年へ
2007年へ
2005年へ

花の写真館へ