ヒトリシズカ(一人静)   センリョウ科   学名:Chloranthus japonicus Sieb.
2016.4.30  滋賀県/岐阜県
伊吹山の北尾根を、国見峠から国見岳、大禿山へと向かいました。
当初は、御座峰まで行き、引き返す予定だったのですが、途中の花に呼び止められ、時間が無くなってしまいました。
その花の中で、この日の主役は、何と言ってもこの一人靜です。
私がこれまで出会った一人靜は、一人という訳ではありませんが、ぽつりぽつりと小さな塊で咲いていました。
でも、この日の花は、圧倒的な量が其処此処に咲き乱れているのです。
それも、開花から間も無い、美しい花たちです。
これでは、なかなか先へ進めません。

花穂は、長さ2〜3cmで萼や花弁は無く、雄しべの花糸が集合したものです。
花糸は、長さ4〜5mmの3本の線形で、基部が癒合しています。
高さ15〜25cmの多年草。










花の写真館へ