セリバオウレン(芹葉黄連)  キンポウゲ科 オウレン属  学名:Coptis japonica (Makino) Thunb. var. dissecta (Yatabe) Nakai
2016.3.5  岐阜県岐阜市
岐阜薬科大学の薬草園の特別公開に出かけました。
水野瑞夫先生の講演会では、花の構造や地下茎についてなど、とても分かり易く説明していただきました。
植物の見方に新しい視点が増えた感じで、嬉しいです。
その後、見頃を迎えたセリバオウレンを鑑賞させていただきました。
葉が芹に似て、胃腸薬に用いられる根茎が、黄色く珠が連なったようになっていることから、名付けられました。
高さ10〜15cmの多年草。


上が雄花、下が両性花です。
仲良く並んで咲いていました。









花の写真館へ