キヌガサソウ(絹笠草)    ユリ科 ツクバネソウ属  学名:Paris japonica (Franch. et Savat.) Franch.
2014.6.22  長野県
沢沿いの登山道を進むと、ひときわ存在感のあるキヌガサソウが現われました。
単に大きいと言うだけでは無く、凛とした立ち姿に惹かれます。
この花と向かい合っていると、こちらまで背筋が伸びます。
直立した茎に8〜10枚の葉が輪生し、3〜8cmの花柄と花茎約6cmの花が1つ付きます。
日本の固有種で、中部以北の日本海側の山地に自生します。
高さ30〜80cmの多年草。




花の写真館へ