アオイスミレ(葵菫)ヒナブキ(雛蕗)  スミレ科 スミレ属  学名:Viola hondoensis W.Becker et H.Boissieu
2013.3.17  滋賀県米原市
春一番に咲く小さなスミレ。
スミレの季節が廻ってきたのが嬉しくて、毎年、カメラを向けています。
兎の耳の耳のような上弁が特徴で、匐枝を伸ばして新しい株を作ります。
和名は、葉がフタバアオイに似ていることから、展開前の葉は両側から巻いています。
花柱の先端が、かぎ状に曲がっているのも特徴です。
高さ3〜8cmの多年草。



スミレ一覧へ

花の写真館へ