タネツケバナ (種漬花) タガラシ(田芥子) コメナズナ(米薺)   アブラナ科 タネツケバナ属  学名:Cardamine
2013.1.2  岐阜県羽島市
タネツケバナを見つけた時は、もうかなり日が高くなっていました。
小さな花、小さな葉っぱにみっしりと着いた霜がキラキラと輝いています。
早く写さないと溶けてしまう・・・と、気持は焦りますが、
ゆっくり落ち着いて構えないと、ピンぼけになってしまい、元も子もありません。

田植えのため稲籾を水に漬ける頃に、満開になることから名付けられました。
まだまだ先ですが、気の早い花は、毎年今頃には咲いています。
高さ10〜30cmの二年草。
雄蕊は6本で、茎及び葉柄・葉の表裏に短毛があります。






2013.1.12  岐阜県羽島市
先週、ゆっくり写せなかったタネツケバナの撮影に再チャレンジしてみました。
霜の付き方は、今日の方が控えめ。
それに、先回見つけたときののようなワクワク感が無く、今日の写真は弱いかなぁ・・・って気がします。
何で気持が写るんだろう・・・





花の写真館へ