オオハナウド(大花独活)   セリ科 ハナウド属  学名:Heracleum dulce Fisch.
2011.6.20  北海道 礼文島
花序の外側の花弁が大きい特徴から、写しながら伊吹山のオオハナウドを思い出していました。
伊吹山のオオハナウドは、初秋の花です。
またここで、頭の中に?マークが飛び交ってしまいました。
葉の特徴は、3出葉で5小葉を出し、小葉には鋭い裂片や鋸歯があります。
・・・この葉は、合致するのかな?
写した花の名前が分からないと、困ってしまいますが、
花旅から帰ってしばらくの、こんな時間は楽しいものです。
高さ1〜2mの大型多年草で、オオカサモチと同様に、礼文島では1mに満たないものが殆どでした。





花の写真館へ