エゾノシシウド(蝦夷の獅子独活)  セリ科 学名:Coelopeurum gmelinii
2011.6.20  北海道 礼文島
スコトン岬からゴロタ浜にかけて、セリ科の植物が多く見られました。
白い花色が爽やかで、何枚も写真を写したのですが、名前が分からず紹介が後回しになってしまいました。
礼文島で最初にカメラを向けた植物が、このエゾノシシウドです。
気象条件の厳しい海岸線に生え、シシウドより丈が低くがっしりした印象です。
高さ50〜150cmの多年草。




紫の花がありました。
花の形、葉の様子が同じなので、これもエゾノシシウドだと思います。
少し様子が違うと、さてこの花は何だろう・・・と悩んでしまうので、画像の整理がなかなか捗りません。




花の写真館へ