エゾノハクサンイチゲ(蝦夷の白山一花)  キンポウゲ科 学名:Anemone narcissiflora var. sachalinensis
2011.6.21  北海道 礼文島
これまでに出会ったハクサンイチゲより、どっしりとした印象を受けました。
この花も、帰ってから調べてみると、エゾノハクサンイチゲと分類されていました。
印象の違う花は、これまで出会ったものとは別種のことが多く、一度調べてみないと間違って紹介しそうで、注意しないといけません。
北海道から東北地方北部に分布し、ハクサンイチゲとの違いは、葉の幅が広く先端がとがらず、やや丈が低いようです。
海岸沿いの斜面の所々で群生が見られました。
高さ15〜40cmの多年草。





花の写真館へ