キレブンアツモリソウ(礼文敦盛草)  ラン科 学名:Cypripedium marcanthum var. rebunense
2011.6.20  北海道 礼文島
今回の花旅で、一番会いたかったのがこの花。
礼文島にだけ自生するレブンアツモリソウです。
かつては、島全体で見られたというこの花は、盗掘によって激減し、今では島の北部の限られた場所で、大切に保護されています。
例年なら既に咲き終わっているのですが、今年は全国的に春の訪れが遅く、
殆どの花は傷んでしまっていましたが、何とか最後の花に出会うことができました。
ぽってりとした花姿の、何と愛らしいこと!
(ひこにゃんを思い出しました。)
高さ25〜40cmの多年草。



散策路の近くにある株は僅かでしたが、遠くに花の群れを見つけ、ほっと嬉しくなりました。
お願いです、絶対に盗らないでください。
優しく見守ってください。



花の写真館へ