セントウソウ(仙洞草)オウレンダマシ(黄連騙し)   セリ科   学名:Chamaele decumbens
2010.4.11  滋賀県米原市
セリ科植物の中では一番早く咲き始め、日本全土の山野の木陰などに生えます。
花茎3mmほどの小さな5弁の内曲する花をつけます。
高さ10〜25cmの多年草。
別名は、葉がセリバオウレンに似ていることから。

花の写真館へ