ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)   ケマンソウ科   学名:Corydalis decumbens (Thunb.) Pers.
2010.4.3  愛知県新城市
ジロボウとはスミレ(太郎坊)に対する次郎坊で、2つの花を引っかけて引っ張って遊んだのが由来とのことです。
ヤマエンゴサクの苞葉には、切れ込みが有りますが、
ジロボウエンゴサクの苞葉は卵形で、花数が少なく、花色の濃いものが多いようです。
高さ10〜20cmの多年草。


たくさんの目玉に見つめられているような感じです。

花の写真館へ