マメ科  学名:Wisteria floribunda
2009.4.19  岐阜県羽島市 竹鼻別院
「別院の藤」と親しみを込めて呼ばれているこの藤、
樹齢300年以上、目通り周囲2.8m、枝張り33×15mの古木です。
地元保存会の方が、大切に守ってみえます。
四半世紀前、初めてこの花を見たときは、もっと花房が長くとてもびっくりした記憶があります。
その時、年配の方が「昔はもっと長く、地面に届くかのようで、砂擦りの藤と言われていた。」と話してみえました。
幹も一部が更に腐ってしまったようでタールが塗られており、痛々しく感じてしまいました。
これだけの花が咲いていると、とても甘い香りがします。
もっともっと長生きしてね。






2004年の花

花の写真館へ