ツマトリソウ(端取草 / 妻取草)  サクラソウ科  学名:Trientalis europaea L.
2007.6.13    長野県諏訪郡
つまどるとは、鎧の袖または草摺の端を、三角形に地色とは別色の糸や皮で継ぎ合わせることで、
花びらの先端が、薄赤色に染まる様子から名付けられました。
花弁は通常7枚ですが、希に6枚や8枚のものもあります。
高さ5〜15cmの多年草。



花の写真館へ