ミゾコウジュ(溝香需)   シソ科  学名:Salvia plebeia R. Br.
2007.5.26    岐阜県羽島市
昨年、木曽川の河原で見つけた一面のミゾコウジュに、また会いたいと思い出かけてみました。
今年の個体数は、数分の一でした。
高さ30〜40cmの二年草です。
多年草ではありませんから、きっと種が流されてしまったのでしょうね。
下流の何処かで今年は群れをつくっているかもしれません。
丘陵帯の湿った草地や、河川敷や水田のあぜなどに見られます。
生育環境の狭まりから、環境省レッドデータブックでは、準絶滅危惧(NT)に分類されています。
(現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種)




2006.5.20    岐阜県羽島市
木曽川の河原で、咲き始めたばかりの花の群れを見つけました。




2006.6.11    岐阜県羽島市
少し盛りを過ぎてしまいましたが、河川敷一面、紫の絨毯です。


2007.2.3    岐阜県羽島市
冬には大形のロゼット状の根出葉が、こんな風に春の訪れを待っていますが、花時には枯れています。

花の写真館へ