オモダカ(面高)   オモダカ科   学名:Sagittaria trifolia L.
2005.9.17  岐阜県羽島市
休耕田に生えていました。
雌雄同株で、花序の先端に雄花(写真上)が、下部に雌花(写真中)が付きます。
葉は鏃形で、上部の裂片よりも下部の裂片のほうが長く、先端が尖っています。
名前は、葉のかたちが人の顔に見え、花より高くのびあがることから付けられたようです。
しかし、葉の巾には差があり、この個体のように狭いものは、顔には見えませんね。
また、葉が狭いものは、アギナシと混同されることが多いようです。

アギナシの葉は、上部の裂片の方が下部の裂片より長いことが多く、花より高くなりません。
また、秋に根元にムカゴを付けることで区別できます。


2004.9.4  岐阜県大野郡白川村

花の写真館へ