ホザキノミミカキグサ(穂咲の耳掻草)  タヌキモ科  学名:Utricularia racemosa Wall.
2016.9.17   愛知県豊橋市
湿地に生える小型の食虫植物。
基本的には葉で、光合成を行って生活していますが、
地下茎や葉の1mmほどの捕虫嚢で、小型の動物プランクトンを捕まえて栄養を補っているそうです。
高さ10〜30cmの多年草。


耳掻草ですが、実は丸く耳掻の形になっていません。
ミミカキグサ(下の黄色い花)の実は耳掻の形をしています。



花の写真館へ