ゲンノショウコ(現の証拠)    フウロソウ科 フウロソウ属   学名:Geranium nepalense subsp. thunbergii
2016.9.3  滋賀県 伊吹山
東日本では白色、西日本では赤紫色のものが多いとのことです。
多くの花の境界となっている伊吹山では、仲良く並んで咲いていました。
「すぐに効き目が現れる」というのが語源で、下痢止めの薬草として使われます。
高さ20〜50cm位の多年草。




伊吹山に咲くフウロソウの仲間
グンナイフウロ
エゾフウロ
ハクサンフウロ
イブキフウロ
ミツバフウロ
ヒメフウロ

花の写真館へ