オヤマボクチ(雄山火口)ヤマゴボウ(山牛蒡)   キク科  学名:Synurus pungens (Franch. et Sav.) Kitam.
2016.8.20  富山県 白木峰
茸毛(葉の裏に生える繊維)が、火を起こす際の火口(ほくち)として用いられたことから名付けられました。
何だかとても可愛くて障ってみたのですが、とても硬かったです。
花を見たことが無いなぁ・・・と思ったのですが、調べてみるとアザミのように綺麗に開花するわけでは無く、
これまでにも、何度か花に出会っているようです。
本州東部以北に分布する、高さ50〜100cmの多年草。



花の写真館へ