ミヤマセンキュウ(深山前胡)  セリ科  学名:Conioselinum filicinum
2015.8.22  長野県駒ヶ根市 木曽駒ヶ岳
セリ科の植物を見分けるのは、とても難しいです。
この花について調べ初めて、1週間経ってしまいました。
もちろん、仕事や家事など、いろいろなことをやりながらの時間ですが、ずっと気に掛っていました、
見分けた際のポイントです。
葉は切れ込みが深く2回羽状複葉で全裂し先は尖り、シダの葉に似ます。
花は径2mmの白色の5弁花で、小花序の下に線形の長く目立つ小総苞片があます。
中部以北の亜高山から高山に生える、高さ40〜80cmの多年草。





花の写真館へ