カラマツソウ(落葉松草 / 唐松草)  キンポウゲ科 カラマツソウ属  学名:Thalictrum aquilegifolium Linn. var. intermedium Nakai
2015.7.10  山梨県南アルプス市 北岳
いろいろな山で出会うカラマツソウは、おぼつかない足取りの私を、いつも優しく見守ってくれているようです。
花には花弁はなく、早く落ちるがく片が4枚と白い棒状の花糸が多数出ます。
花弁のように見えるのは、へら状になった花糸(雄しべ)です。
カラマツソウの雌しべは短く中心に固まっていますが、ミヤマカラマツの雌しべは柄があり雄しべと区別が難しい。
高さ50〜120cmの多年草。



花の写真館へ