ミヤマカラマツ(深山落葉松)   ベンケイソウ科   学名:Sedum sarmentosum Bunge
2015.7.10  山梨県南アルプス市 北岳
花弁のように見えるのは、へら状になった花糸(雄しべ)です。
花糸の基部は、ミヤマカラマツは細くなっていますが、カラマツソウはほぼ同じ太さです。
また、ミヤマカラマツの雌しべは柄があり雄しべと区別が難しいですが、カラマツソウの雌しべは短く中心に固まっています。
高さ30〜80cmの多年草。



花の写真館へ