フユノハナワラビ(冬の花蕨)   ハナヤスリ科  学名:Botrychium ternatum (Thunb.) Sw.
2013.9.5   滋賀県米原市
伸び上がった胞子は、冬には黄金色に熟し、葉は、緑のまま冬を越し翌夏に枯れます。
色付き始めた株と、立ち上がったばかりの緑の株が、仲良く並んでいました。
「写して!」って、呼び止められたような気がして、カメラを取りに車へ戻りました。
「はい、チーズ!」
高さ20〜40cmの多年草。


花の写真館へ