ミヤマトウキ(深山当帰)    セリ科  学名:Angelica acutiloba (Sieb. et Zucc.) Kitag. subsp. iwatensis (Kitag.) Kitag.
2013.8.4    長野県北安曇郡 八方尾根
見分けの難しいセリ科の植物ですが、ミヤマトウキは比較的小型で、艶の有る葉が特徴です。
最近、色々な花を葉っぱで見分けるコツが少しだけ分かったような気がします。
私のお気に入りの山、滋賀県の伊吹山が分布の南限です。
高さ20〜50cmの多年草。




花の写真館へ