エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)   ツツジ科  学名:Phyllodoce caerulea (L.) Babington
2013.7.12    北海道上川郡 大雪山旭岳
旭岳のエゾノツガザクラの群生は、それは見事です。
絨毯を敷き詰めたようにという形容が、誇張で無く延々と続いているのです。
大きな群落を作っているのは、チングルマ、キバナシャクナゲ、イソツツジ。
その中に、メアカンキンバイ、イワブクロ、エゾノマルバシモウケ、イワヒゲなどの株が混じり合った様子は、
まさに『カムイミンタラ』(神々の遊ぶ庭)です。
高さ20〜30cmの常緑小低木。
花色がピンクでふっくらと丸ぁるい花は、変種のコエゾツガザクラのようです。









花の写真館へ