キヌガサソウ(絹笠草)    ユリ科 ツクバネソウ属  学名:Paris japonica (Franch. et Savat.) Franch.
2012.7.22  新潟県糸魚川市
どの野草も、それぞれの良さが有りますが、キヌガサソウは見つけると嬉しい花の一つです。
開けた登山道に向かって花が咲いているので、出迎えてくれているように感じられるからかもしれません。
名前の由来は、葉を昔高貴な人にさしかけた衣笠にたとえたもの。
直立した茎に8〜10枚の葉が輪生し、3〜8cmの花柄と花茎約6cmの花が1つ付きます。
日本の固有種で、中部以北の日本海側の山地に自生します。
高さ30〜80cmの多年草。



花の写真館へ