シテンクモキリ(紫点雲切)    ラン科 クモキリソウ属  学名:Liparis purpureoivittata
2012.7.22  新潟県糸魚川市
周りの緑に溶け込んだシテンクモキリ。
見つけたときは嬉しくて、やったーって感じです。
写し始めると、周りに何株も在るではありませんか。
リュックを降ろしたすぐ脇にも大きな株が在り、潰さなくて良かったと。
高さ10〜25cmの多年草。

当初、クモキリソウとして紹介していましたが、
野生植物写真館」の宮本さんが企画してくださった「2012年版・今年出会った花ベスト集」に応募させていただいたところ、
2008年に新品種として分類された、シテンクモキリと分かりました。
側萼片はねじれて強く外側に巻き、唇弁は緑色、中央の溝に紫点があります。
紫点の部分が分かる画像を追加しました。





花の写真館へ