ツユクサ(露草)ボウシバナ、アオバナ、ツキクサ   ツユクサ科 ツユクサ属  学名Commelina communis Linn.
2011.8.20  岐阜県羽島市
花期は初夏から秋までと長く、道端や空地などで多く見られる身近な花です。
他の花には無い美しい青色の花は、その独特の花姿もあり、とても魅力的です。
何度も写しているのに、きちんと紹介していないことに気づきました。
花は1日花で、早朝に開花し、夕方には萎みます。
蕊は、一番長いのが雌しべ。
雄蘂は6本で、雌蕊を挟むように伸びる2本にだけ花粉が付きます。
高さ30〜50cmの1年草。




花の写真館へ