ハナヒリノキ(嚏の木)  ツツジ科 イワナンテン属
2011.7.5  滋賀県 伊吹山
不思議な名前です。
木全体に、嘔吐や下痢を起こすグラヤノトキシンなどを含みます。
かつて、葉を粉末にしたものを殺虫剤に用いており、この粉が鼻に入るとくしゃみが出ることから名付けられたようです。
高さ0.5〜1.5mの落葉低木。



花の写真館へ