ヒヨクソウ(比翼草)  ゴマノハグサ科 クワガタソウ属
2011.7.5  滋賀県 伊吹山
名前の由来は、葉腋から左右に伸びた細長い花穂の様子を、
雄雌が翔と目を一つだけ持っていて 一体にならないと飛べないという、古代中国の伝説上の鳥「比翼」にたとえたもの。
いつも花ばかりをアップで写してしまうのですが、今回は、花穂の様子を意識して写してみました。
山地の日当たりの良い林縁や草原に生える、高さ30〜60cmの多年草。




花の写真館へ