ヤマウルシ(山漆)   ウルシ科 学名:Toxicodendron trichocarpum (Miq.) Kuntze
2010.10.14    岐阜県飛騨市
天生湿原に、ヤマウルシの幼木たちが紅く輝いていました。
高さ3〜8mになる落葉小高木。
湿原では、乾燥化が進んだことから、イヌツゲやヤマドリゼンマイの除去が行なわれました。
その跡に生えてきた幼木たちです。
湿原の回復のための作業なのですが、こうして樹木が生えてきて、小さな草花は育たないかもしれません。
人手を入れて植生の回復を図るのは、難しいことのようです。






最後の1枚は、天生峠へ通じる国道沿いで写しました。

花の写真館へ