アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)    タデ科 学名:Persicaria sieboldii (Meisn.) Ohki
2010.9.25    長野県下伊那郡
秋は、身近なタデの仲間が美しい季節です。
と、ミゾソバの紹介でも書きました。
アキノウナギツカミが群れ咲く様子が嬉しくて、そんな光景ばかり何枚も写してしまいました。
帰ってから見てみると、特徴的なトゲや葉の付き方を写した画像がありません。
茎には下向きのトゲがたくさんあり、鰻でも捕まえられそうだということで名付けられました。
水辺を好む、高さ40cm〜100cmの1年草。



参考
ナガバノウナギツカミ
ヤノネグサ

花の写真館へ