カワチブシ(河内附子)   キンポウゲ科  学名:Aconitum grossedentatum (Nakai) Nakai
2010.9.25    長野県下伊那郡
カワチブシとは、4年振りの再会です。
以前見たは、日向で咲いていたので紫が濃く、がっちりした印象でしたが、
この日の花は、森の中で陽差しが遮られている分、色白で繊細な印象です。
花柄や雄しべに毛が無く、葉は3つに深く切れこみ、鋸歯が細かいのが特徴です。
四国から関東南西部まで分布する、高さ50〜100cmの多年草。
トリカブトの殆どは、紡錘形の根に猛毒のアルカロイドを多量に含んでおり、他の部分も有毒です。





葉が付く位置により、その形が違うのが分かります。

花の写真館へ