ウラジロナナカマド(裏白七竈)   バラ科  学名:Sorbus matsumurana (Makino) Koehne
2008.10.11    長野県松本市
涸沢カールの紅葉の主役は、ウラジロナナカマド。
毎年、多くの登山者が、この光景に会いたくて涸沢を目指します。
今年は、念願敵って私も仲間入りしました。
見事としか言いようのない錦秋の世界です。
葉は、裏が粉白色で先から3分の1くらい鋸歯があり、
8月初めに、白い上向きのが多数付きます。
亜高山から高山帯の林縁など生える、高さ1〜2mの落葉低木。




花の写真館へ