ゲンノショウコ(現の証拠)    フウロソウ科 学名:Geranium nepalense subsp. thunbergii
2008.8.31    滋賀県米原市  伊吹山
足元に、ゲンノショウコの小さな花がたくさん咲いていました。
白と赤紫と仲良く並んでいる様は、ほのぼのとしてきます。
「すぐに効き目が現れる」というのが語源で、下痢止めの薬草として使われます。
高さ20〜50cm位の多年草。



花の写真館へ